東海大学 農学部 バイオサイエンス学科

東海大学農学部・バイオサイエンス学科(東海大学熊本キャンパス)のHomePageにようこそ!

 農学部バイオサイエンス学科では「食を通じて健康を科学的に考えたい!」「分子レベルで生物を学びたい!」と考えている人材を広く募集しています
(入試情報)
食品化学・生命化学・健康科学を基礎とした先端技術を積極的に導入し、21世紀の食品、健康科学のスペシャリストの育成を目指して教育しています。熊本で有意義な学生生活、研究生活を送ってみませんか。

食の生産・加工から機能性までを実践的に学ぶ!

・食の生産や加工を実習場や加工場を使って学習するだけでなく、食品の機能性を学生実験や研究室で学びます。(食品や医薬品の研究開発職・品質管理職へつながっています!)
・食、生命、健康に関わるスペシャリストを養成します!
・理科教員(中学・高校)を目指したい人を大募集しています!
・3年生から研究やゼミなど少人数教育を行っています!
・就職(食品や医薬品の研究開発職・品質管理職)や資格に強い!
 

ニュース

バイオサイエンス学科教員が松前重義学術奨励賞を受賞しました!!

 2020年1月15日に霞が関の東海大学校友会館(35F)で松前重義学術奨励賞の受賞式があり、米田准教授が出席してきました。受賞タイトルは「ユニークなアミノ酸配列を有す新規なNAD依存性脱水素酵素の構造生物工学的研究」です。「選択性農薬創製のためのスレオニン脱水素酵素の研究」や「ニワトリ脂肪肝のカルボニル還元酵素」など農学部の学生や教員と行ってきた研究が評価され、今回の受賞が決定しました。賞状、盾、研究費が授与されました。今後、研究に関するインタビューがHPなどに掲載される予定です!



◇ 農学部ニュース

2020年01月27日

鶴屋にてお弁当が販売されます!

来たる11月30(土)と12月1日(日)に鶴屋百貨店にて東海大学農学部バイオサイエンス学科と尚絅大学生活科学部栄養科学科の学生が共同で開発したヘルシー弁当が販売されます!!

詳細は下記のとおりです。

日時:2019年11月30(土)〜12月1日(日)
場所:鶴屋百貨店 地下一階「個食百花」
お弁当名:野菜たっぷりヘルシー弁当〜熊本の魅力詰め込んだばい!〜
販売数:一日100個限定
価格:税込み980円

多くの方のお越しをお待ちしております!

お弁当プロジェクト
2019年11月21日

バイオサイエンス学科卒業生の須川日加里さんが若手奨励賞を受賞しました

バイオサイエンス学科を卒業し、現在、同大学博士課程の生物科学研究科3年生の須川日加里さんが第29回日本メイラード学会(JMARS)で若手奨励賞を受賞しました。

JMARSホームページ
http://www.maillard.umin.jp/

本学会は食品の加熱調理に伴って食品が褐変し、また栄養価の低下に関与する現象として食品分野で古くから研究がなされております。糖質とタンパク質との反応から糖化反応、あるいはメイラード反応と言われており、最終的に終末糖化産物であるAGEsが生成します。30年ほど前から、AGEsが加齢に伴って生体に蓄積し、特に生活習慣病の発症に伴って増加することから、AGEsは生活習慣病のマーカーとして医学・薬学分野でも研究がされるようになりました。この度、新規なAGEs生成経路について第29回日本メイラード学会で発表した所、須川さんが若手奨励賞に選ばれました。受賞に対して、須川さんは以下のように述べています。

この度は第 29 回日本メイラード学会において、若手奨励賞という栄誉を賜り受けましたこと、誠にうれしく、光栄に存じます。本研究により、酸化によって新規経路からAGEsが生体に存在することが分かりました。今後は新規AGE 構造の同定や生体での有無、役割などについて、さらに解析を行ってまいりたいと思います。

※須川さんが所属する研究室のホームページはこちらからご覧ください↓
http://www2.kuma.u-tokai.ac.jp/~rnagai/

須川日加里さん
2019年11月13日

建学祭(学園祭)が開催されます!!

第47回東海大学建学祭、欅祭が11/1(金)~11/3(日)の日程で開催されます。
農学部の数鹿流祭と熊本校舎の東熊祭が一緒になり欅祭という名称になりました。
様々な催しがありますので、ぜひお越しください!!農産物販売も行っています!!
隣の星翔高等学校では星翔祭を行っています!!

2019年10月29日

3年生が食品加工実習を行いました!!

バイオサイエンス学科3年生が阿蘇実習フィールドにて食品加工実習を行いました。実習ではハム、ベーコンを製造しました。製造したハム、ベーコンは建学祭で販売されます!!今後はゴーダチーズ、酸凝固チーズの製造や試食会も開催されます!!

2019年10月12日
» 続きを読む

学科トピックス

農学部バイオサイエンス学科の永井竜児教授がシャープライフサイエンス株式会社と共同で開発してきた、AGEs(最終糖化産物)の体内蓄積レベルを測定できる「AGEsセンサ」がこのほど完成しました。大阪市内で開かれた同社による報道陣向けの新製品発表会で、永井教授がAGEsについて講演を行いました。(TV東京で紹介されました!!)