2019年度


2019.8.23
九州キャンパスで酪農科学シンポジウムが開催されました
 
日本酪農科学会主催の 「酪農科学シンポジウム」が本学九州キャンパスにて開催されました。本シンポジウムは井越敬司 東海大学名誉教授を実行委員長として、本研究室主体で運営されました。学生さんも事務局としてきびきびと働いてくれ、安田先生にも準備からご協力いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
 
本年度のシンポジウムは、文理融合を謳っている東海大学らしく「乳・乳製品の文理融合の科学」というタイトルで実施されました。プログラムは学会ホームページ( こちら)からご覧いただけます。
 
ポスター発表では4年生の角替君が立派に発表してくれ、また信州大学に進学した渡邉君(2017年度卒)も、ポスター発表者として参加してくれ久しぶりの再開となりました。情報交換会(懇親会)では産官学連携商品である 阿蘇の魂や阿蘇実習フィールドで育った黒豚を使い加工場にて加工した骨付きハムなども提供され好評を博していました。また、休憩時間用の飲料、情報交換会用のチーズなども沢山ご提供いただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
情報交換会後は、若手の情報交換会も実施され、次世代を担う若手研究者(学生も含む)で賑わいました。次回は信州大学の下里剛士教授(研究室のホームページは こちら)を実行委員長として長野県の諏訪にて開催予定です。


2019.8.1
雑誌TOKAI 別冊「知の横顔」に研究室が掲載されました
 
当研究室の取り組みを雑誌TOKAI 別冊「知の横顔」に掲載いただきました。 こちらからダウンロード頂けます。



2019.7.5
Isara先生の歓迎会を行いました
 
Maejo Universityから来られているIsara先生の歓迎会を行いました。英語に四苦八苦しながら楽しい会となりました。日本を楽しんで貰えればと思います。



2019.7.1
タイの女性教員が一ヶ月滞在されます
 
提携校であるタイのMaejo Universityの女性教員が今日から一ヶ月研究室に滞在され研究されます。今日は交通センターまでお迎えに行きました。
これからの一ヶ月が学生さんにとっても研究室にとっても良い国際交流となりますように。

 プラカードでお出迎え


2019.7.1
熊本テックプランターに記事を掲載いただきました
 
KUMAMOTO TECH PLANTER(2019.春号.Vol.03)に下記の通り記事を掲載いただきました。昨年度、テックプランターグランプリにて発表し、現在取り組んでいる「乳酸菌を活用した六次産業化の推進」に関する内容です。
熊本テックプランターのホームページは こちら



2019.6.26
大学案内パンフレットに在校生・卒業生、共同開発した発酵トマトソースが掲載されました
 
2020年度入学者用の大学案内パンフレットに在校生の中村君、卒業生の緒方さんの記事が掲載されました。また、 OGAWA FARMさんと共同開発した発酵トマトソースも学科扉絵のトピックスに掲載されました。
 
 
7月に一ヶ月タイの先生が来られるので英語での会話に期待 
 
  卒業生動向にも掲載させていただきました
 
 OGAWA FARMさんのホームページは こちら。活用レシピや動画も公開されていますので是非御覧ください。



2019.6.14

月刊フードケミカルに乳酸菌活用に関する記事が掲載されました
 
月刊フードケミカル、6月号に乳酸菌のさらなる活用法に関する記事が掲載されました。青果物、畜産物、未利用資源、まだまだ乳酸菌の活用は可能です。本稿では乳酸菌の特徴と機能性、青果物における新たな利用の可能性、そして当研究室で取り組んでいる六次産業化や企業の支援のための「種菌構想」(研究室保有の機能性乳酸菌の活用)について概説しました。
 

木下英樹 .月刊フードケミカル( 6 月号)、特集1 脚光を浴びる発酵食品 、「乳酸菌による青果物の発酵を考える」、食品科学新聞社、東京、 35 (通巻 410号 ), 25-28 (2019) 
 



2019.4.01

新年度が始まりました
 
平成最後のそして令和最初の新年度がスタートしました。
今年も乳酸菌と発酵食品の魅力を引き出す研究を推進して参ります。
 

 




FacebookおよびTwitterでも情報を随時発信しております。
 

 


Facebook

Twitter


Instagramにアップした写真がリアルタイムに掲載されます(読み込みに時間がかかることがあります)。